No.2 Freixenet Mia 2011

(フレシネ・ミーア 2011)

 

Information (情報)

Winemaker (作り手) : Freixenet / Gloria Corel (フレシネ社 / グロリア・コレル)

Nation, Area (国、地域) : Spain Castilla-La Mancha (スペイン カスティーリャ・ラ・マンチャ)

Kind of Grape (葡萄品種) : Tempranillo 100% (テンプラニーリョ100%)

w.aoki’s Rating (w.aokiのレーティング) : 6.7 (C)

General Retail Price (標準的な販売価格) : 1,000 yen ~ 1,500 yen

Purchased Price (購入価格) : 1,080 yen

Purchased Shop (購入店) : Supermarket (食料品量販店)

Purchased Date (購入日) : 2012/12/23

Drinked Month (飲んだ月) : 2012/12

 

Comments (コメント)

スペイン語で「私のもの」を意味するミーアを名称に冠しているフレシネ社のワイン、フレシネ・ミーア。
そのワインはコンセプトから味わい、ラベルデザインに至る迄、醸造家のグロリア・コレル女史が手掛けています。
日本では2012年に上陸したこのワインは、今では世界70ヶ国以上で楽しまれているワインだそうです。
確かにカラフルなラベルの文字が目を惹きますし、手頃な価格で入手もし易いので、ふと買ってみようかなと思う人も多いかもしれません。(僕もその一人)
特に、スペインのワインは安価で美味しいワインが多いですしね。

液面は黒に近いような暗い赤紫色。
ブラックルビーとでも例えれば良いでしょうか、透明度を測ることすら難しい深い色調です。

アロマは弾けるような新鮮な果実味が特徴的。
樽香は感じられないことから、タンク醸造なのでしょう。
プルーンやプラムなどを思わせるストレートな黒い果実の豊かな香りが鼻腔を擽ります。

アタックもアロマ同様に果実味が支配的で、とても濃厚な甘味を感じます。
テンプラニーリョらしく口当たりはまろやかで軽めですし、タニックさもあまり感じないので一言で言うと飲み易いワインです。
赤ワインに嗜みがない人でも楽しく飲むことができると思いますし、赤ワイン特有のタンニンが苦手な人でも問題無くいけるのではないでしょうか。
ミディアムボディと言うよりはライトボディに近いイメージで(液面からはそうは想定できませんが)、ちょっとワインでも飲もうかなと思い付いた時に手軽に開けられる1本でしょう。
そう言う意味でも、テーブルに常備しておきたくなりますね。

1,000円で買えて気軽に飲めて、程良いアルコール分で楽しく酔える程良い美味しさのワイン、皆さんもいかがでしょうか。
ガッツリとワインを飲みたい、ワインに向き合いたいという時には不向きかと思いますが、そういう小難しいことを抜きにして、楽しくパーっと飲みたい時に、良い選択肢になると思います。

  

Sponsor Link
Check the latest information !