No.23 Grande Polaire Kai Noir 2010

(グラン・ポレール 甲斐ノワール 2010)

 

Information (情報)

Winemaker (作り手) : Sapporo Wine (サッポロワイン株式会社)

Nation, Area (国、地域) : Japan Yamanashi (日本 山梨県)

Kind of Grape (葡萄品種) : Kai Noir 100% (甲斐ノワール100%)

w.aoki’s Rating (w.aokiのレーティング) : 6.5 (C)

General Retail Price (標準的な販売価格) : 1,000 yen ~ 1,500 yen

Purchased Price (購入価格) : 1,380 yen

Purchased Shop (購入店) : Grande Polaire Katsunuma Winery (グランポレール 勝沼ワイナリー)

Purchased Date (購入日) : 2013/3/30

Drinked Month (飲んだ月) : 2013/4

 

Comments (コメント)

サッポロが、日本が世界に誇ることのできる世界品質のワインを目指して製造する、国産プレミアムワインを掲げたシリーズ、グラン・ポレール。
その品質は高く、2003年の発売以来、国内外のコンクールで数々の賞に輝いています。
こちらは甲州地区の土着品種である甲斐ノワール。
グラン・ポレールシリーズ第1弾として選んでみました。
早速開栓。

液面は、やや紫が強めの比較的明るいルビー色。
甲斐ノワールなのでピノ・ノワールみたいなものかなと想像していましたが、カベルネ・ソーヴィニヨンを薄くしたような色調です。
何となく黒葡萄ジュースに近いような色合い。
ジュースとの違いは明るさと高めの透明度と言ったところでしょうか。

意外とストレートで甘いベリー系のアロマは、とても近付き易い香りです。
仄かにバニラのニュアンスが漂いますが、主としては果実香が支配的。
ややワイルドな要素もありますが、ワイルドストロベリーと言うか山葡萄のような野性味が近い表現でしょうか。

アタックはまろやかで柔らかな口当たりに仕上がっていて、一口含むと今迄に味わったことの無い複雑な味が非常に面白く感じました。
葡萄の甘味の中に日本酒を思わせる要素が含まれていると言うところでしょうか。
発酵の際に使用している酵母の影響かもしれません。
ジャパニーズ・ワインという雰囲気です。

深みはあまりなく全体的に浅い雰囲気な中、意外としっかりとしたタニックさが余韻に引いて色々な意味で変わったワインでしたが、広がりと言うよりは各要素が纏まっているので理解し易く、取っ付き易いワインだと思います。
価格も安いので、是非お試しあれという1本でした。

  

Sponsor Link
Check the latest information !