No.34 Jean Raphet Grand Cru Cros-De-Vougeot 1999

(ジャン・ラフェ グラン・クリュ クロ・ド・ヴージョ 1999)

 

Information (情報)

Winemaker (作り手) : Domaine Jean Raphet (ドメーヌ・ジャン・ラフェ)

Nation, Area (国、地域) : France Bourgogne (フランス・ブルゴーニュ)

Kind of Grape (葡萄品種) : Pinot Noir 100% (ピノ・ノワール100%)

w.aoki’s Rating (w.aokiのレーティング) : 8.3 (A)

General Retail Price (標準的な販売価格) : 15,000 yen ~ 20,000 yen

Purchased Price (購入価格) : 19,600 yen

Purchased Shop (購入店) : Wine Shop (MORITAYA)

Purchased Date (購入日) : 2013/5/6

Drinked Month (飲んだ月) : 2013/6

 

Comments (コメント)

モレ・サン・ドニを拠点とするこのドメーヌ、ジャン・ラフェ。
2001年に惜しまれつつも引退した、優美でクラシカルなブルゴーニュの造り手として、日本でも少なからずファンを獲得していた素晴らしい造り手の1人です。
特にシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの優良生産者として知られていますが、ジャン・ラフェ氏の製造するシャルム・シャンベルタンもとても素晴らしいワインでした。
ノースバークレー(USA)向けの上級キュヴェであるレゼルヴ・キュヴェ・ユニークを飲んでから、僕はすっかりジャン・ラフェ氏のファンになりましたが、その後、ジュヴレ・シャンベルタンの村名ワインを飲んでみてまた好きになり、ノースバークレー向けのキュヴェではない方のシャルム・シャンベルタンを飲んでみたいなと思っていたところ、良ヴィンテージの99年のクロ・ド・ヴージョがMORITAYAさんで販売されていたため、早速購入。
一月程置いた後に開栓しました。

ジャン・ラフェらしく優美な色合いの、透明感を持つガーネット色の液体。
華やかでチャーミングと言うよりも、洗練された優雅さを感じさせる色調です。

赤い果実の中にチョコレートのニュアンスを含むアロマは、仄かに樽のブーケも漂い、鼻腔を心地良く擽ります。
この甘い香りの中にややミネラル感を感じ、朽ちた葉や濡れた植物の幹のようなやや野性的なニュアンスも感じられます。

アタックは酸が先行して、口に含んだ瞬間はややピリッとした印象を受けますが、タニックさは抑えられてるので、直ぐに落ち着いて穏やかになります。
骨格がしっかりしていて力強い印象を受け、無骨ながらも華があるイメージです。
口数は多くないながらもダンディで渋く、仕事は一流の鍛冶職人のような感じですかね、人間で例えるならば。
静かに横に居て、背中で元気付けてくれるようなワインです。

  

Sponsor Link
Check the latest information !