No.71 Louis Jadot Beaujolais-village Primeur Non Filtre 2013

(ルイ・ジャド ボジョレー・ヴィラージュ プリムール ノン・フィルトレ 2013)

 

Information (情報)

Winemaker (作り手) : Maison Louis Jadot (メゾン・ルイ・ジャド)

Nation, Area (国、地域) : France Beaujolais (フランス ボジョレー)

Kind of Grape (葡萄品種) : Gamay 100% (ガメイ100%)

w.aoki’s Rating (w.aokiのレーティング) : 7.1 (B)

General Retail Price (標準的な販売価格) : 3,000 yen ~ 4,000 yen

Purchased Price (購入価格) : 3,192 yen

Purchased Shop (購入店) : Wine Shop (輸入直販ワイン専門店 ヴェリタス)

Purchased Date (購入日) : 2013/12/1

Drinked Month (飲んだ月) : 2013/12

 

Comments (コメント)

ブルゴーニュで最も有名なネゴシアンの1社であるルイ・ジャド社ですが、ドメーヌとしてワインをリリースしていることを知っている人はあまり多くはないかもしれません。
このドメーヌ・ルイ・ジャド名義のワインは優れた品質の銘柄も数有り、ジャドなので価格はそこそこしますが、買って損は無い味ワインも多いと思います。
(なお、ドメーヌ名義のワインは表記もDomaine Louis Jadotとなっています)
とこちらのプリムールはドメーヌ名義ではないので余談になってしまいましたね。
早速、こちらのワインを見てみましょう。

淡くやや紫が強めのルビー色の液面は、王道のボジョレー・プリムールを思わせる色合いです。
少しだけピンクが入っているような、そんな赤紫色ですね。

アロマは芳醇で若々しい黒い果実のチャーミングな甘味を感じます。
上品で真っ直ぐな香りです。

酸に富んだアタックは表情が豊かですが、タンニンの主張はやや控えめ。
渋味は穏やかな細波のにも似て優しく打ち寄せてくるので、表面にある酸の活き活きとした所感が心に残ります。
この酸が消えた後、余韻にバターのような円やかさを感じるのも印象的。
非常に落ち着いていて、静かながらも全体的に纏まりがあり繊細なので、玄人向けのボジョレーと言ったところでしょう。

最後に、ジャドなのでやはり価格は高めです。
この値段を出すならばボジョレー専門で造っているドメーヌの方が同じ金額を出すならば恐らく美味しいワインを飲めるでしょう。(とは言うもののこのワインのジャドはメゾンなので、ボジョレー専門で造っているドメーヌからワインを購入しているのだと思いますが。だからちょっと高いのか。(笑))
ジャドを買うならば、やはりドメーヌ名義をお薦めしたいと言うのが個人的に思うところです。

  

Sponsor Link
Check the latest information !