No.91 Frederic Esmonin Gevrey-Chambertin 1er Cru Estournelles Saing-Jacques 2006

(フレデリック・エスモナン ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ エストゥルネル・サン・ジャック 2006)

 

Information (情報)

Winemaker (作り手) : Domaine Frederic Esmonin (ドメーヌ・フレデリック・エスモナン)

Nation, Area (国、地域) : France Bourgogne (フランス・ブルゴーニュ)

Kind of Grape (葡萄品種) : Pinot Noir 100% (ピノ・ノワール100%)

w.aoki’s Rating (w.aokiのレーティング) : 8.1 (A)

General Retail Price (標準的な販売価格) : 6,000 yen ~ 7,000 yen

Purchased Price (購入価格) : 6,696 yen

Purchased Shop (購入店) : Wine Shop (かわばた酒店)

Purchased Date (購入日) : 2014/8/17

Drinked Month (飲んだ月) : 2014/8

 

Comments (コメント)

ジュヴレ・シャンベルタンにて、父のアンドレとともにワイン造りに励むドメーヌ、フレデリック・エスモナン。
マジ・シャンベルタンとリュショット・シャンベルタンという2つのグランクリュを所有し、エストゥルネル・サン・ジャックやラヴォー・サン・ジャックなどのプルミエ・クリュも有しています。(個人的にどちらも好きな区画です)

液面は透明感のある綺麗なバーガンディで、エッジの近くはやや朱色に近くなっています。
未だ初々しさを感じるフレッシュな色合いで、中々に美しいですね。

アロマはカシス、プラムなどの豊富な黒い果実の果実味に、枯れ葉が積もった土のニュアンスが漂っています。
少し香りに複雑さが出始めてきている頃合ですね。
良い雰囲気です。

アタックは酸が先行しますが、まろやかで尖った酸ではないため心地良く舌を刺激します。
しなやかで角が取れたタンニンは、細身ですが筋肉質な骨格を形成していて、次第に姿を見せる甘みとともに優れたバランスを演出します。
ジュヴレらしい力強さが特徴で、余韻も比較的長いです。

もう暫く寝かせても面白くなるかもしれませんが、今飲んでも充分に楽しめる位硬さは取れていました。
全体的に造りは現代的と言うよりはクラシカルで、派手さはありませんが優美さがあり、非常に良いワインだと思います。
ジャン・ラフェに少し雰囲気が似ているかも。

Sponsor Link
Check the latest information !