No.135 Philippe Leclerc Gevrey Chambertin En Champs 2016

(フィリップ・ルクレール ジュヴレ・シャンベルタン アン・シャン 2016)

 

Information (情報)

Winemaker (作り手) : Domaine Philippe Leclerc (ドメーヌ・フィリップ・ルクレール)

Nation, Area (国、地域) : France Bourgogne (フランス・ブルゴーニュ)

Kind of Grape (葡萄品種) : Pinot Noir 100% (ピノ・ノワール100%)

w.aoki’s Rating (w.aokiのレーティング) : 8.0 (A)

General Retail Price (標準的な販売価格) : 8,000 yen ~ 9,000 yen

Purchased Price (購入価格) : 8,200 yen

Purchased Shop (購入店) : Liquor Shop (酒類量販店)

Purchased Date (購入日) : 2020/11/28

Drinked Month (飲んだ月) : 2020/11

 

Comments (コメント)

ルビー色の液面で、エッジは赤紫系です。
まだまだ若々しいピノ・ノワールの色合いと言ったところでしょうか。

アロマは、開栓当初は果実味は控えめですが主張は感じます。
開いてくるとストロベリーやラズベリーなどの赤い果実の濃縮した芳醇な甘みを感じ、キャラメルのニュアンスも出てきます。
また、樽のブーケは開けば開く程、強く感じるようになってきました。
若いワインらしく一貫してフレッシュでスウィートな雰囲気です。

アタックは濃厚な果実の甘みのインパクトが強い中、ジュヴレ・シャンベルタンらしい力強さもあり、タンニンもブルゴーニュの中では豊富な方だと思います。
開けた当初は甘みに押されて酸味は控えめに感じますが、開いてくると酸味の印象も濃くなってきます。
全体的にストレートな味わいです。

余韻はスッキリとしていて、爽やか。
キリッとした印象です。

飲み易くチャーミングな1本でした。
美味しいですね。

Sponsor Link
Check the latest information !