No.107 Takahata Zodiaque Pinot Noir 2013

(高畠ゾディアーク ピノ・ノワール 2013)

 

Information (情報)

Winemaker (作り手) : Takahata Wine (高畠ワイン株式会社)

Nation, Area (国、地域) : Japan Yamagata (日本 山形県)

Kind of Grape (葡萄品種) : Pinot Noir 100% (ピノ・ノワール100%)

w.aoki’s Rating (w.aokiのレーティング) : 7.4 (B)

General Retail Price (標準的な販売価格) : 4,000 yen ~ 5,000 yen

Purchased Price (購入価格) : 4,000 yen

Purchased Shop (購入店) : Takahata Winery (高畠ワイナリー)

Purchased Date (購入日) : 2016/10/13

Drinked Month (飲んだ月) : 2020/12

 

Comments (コメント)

高畠ワインと言えば高畠バリックメルローが有名ですが、自社農園のピノ・ノワールを使ったワインもリリースしています。
このゾディアーク ピノ・ノワールシリーズがそれにあたります。こちらは2013年ヴィンテージです。

淡いガーネット色の液面は、エッジが薄い橙色になりつつあり、熟成が進んでいることが伺えます。
ミディアムボディのワインで7年ですから、無理もないでしょう。

アロマは美しく比較的強い樽のブーケの中に、カシスを始めとした黒い果実の爽やかで甘い香りを感じます。
素直なアロマですね。
ストレートなニュアンスが漂います。

アタックは酸味が先行し、甘味やタンニンは控えめです。割合とスパイシーで、後を引く苦味が余韻として残ります。
苦みの質を考慮すると、若干バランスが崩れ始めているような感じがあります。
あと2,3年早い頃(ヴィンテージから4,5年後)が1番美味しい頃であったのではないかと推測しますが、その辺りの所感は人によるでしょう。
この類の苦みは、好きな人は好きだと思います。

総評としては、繊細でどことなく大人しい雰囲気の中に、一本芯が通った強さもあるイメージでしょうか。
個人的には2012年ヴィンテージの方が好みでしたが、こちらも楽しくいただきました。

  

Sponsor Link
Check the latest information !