No.106 Hokkaido Wine Tazaki Vineyard Pinot Noir 2013

(北海道ワイン 田崎ヴィンヤード ピノ・ノワール 2013)

 

Information (情報)

Winemaker (作り手) : Hokkaido Wine (北海道ワイン株式会社)

Nation, Area (国、地域) : Japan Hokkaido (日本 北海道)

Kind of Grape (葡萄品種) : Pinot Noir 100% (ピノ・ノワール100%)

w.aoki’s Rating (w.aokiのレーティング) : 6.9 (C)

General Retail Price (標準的な販売価格) : 5,000 yen ~ 6,000 yen

Purchased Price (購入価格) : 5,000 yen

Purchased Shop (購入店) : Wine Shop (業務用酒販 ふじまつ)

Purchased Date (購入日) : 2016/6/5

Drinked Month (飲んだ月) : 2021/1

 

Comments (コメント)

2,446本限定醸造のワインです。
液面は淡いガーネット系。
ヴィンテージとしては7年です(セラーでは4年半寝かせました)が、エッジも朱色で、新鮮な赤い果実を感じさせる色となっています。

アロマは全体的に弱めで、僅かにスパイシーなニュアンスがありますが、カシスを思わせる黒い果実の甘い香りがメイン。
樽香もわずかに感じられる程度で、かなり弱めです。(上品・可憐と言うよりは、単純に少ないイメージです)

アタックはスパイシーでタンニンは控えめ。
辛さが目立ちます。
瓶内熟成で糖が分解されたのでしょうか、甘さも落ち着いていて、その分辛い方面に振れている雰囲気です。
余韻も苦みがメイン。
どうやらセラーに寝かせ過ぎてしまったようです。

このワインの美味しさのピークは、恐らく4,5年前だと思います。
買った頃から少なくとも1年以内には開栓すべきだったのでしょう。
ミディアムボディなだけに長期熟成には向いていないとは思っていましたが、反省です。(ただ、Ratingに関しては、ピークの頃の美味しさを想定して採点しています)

最後に価格と味のバランスに関してですが、率直に言うと高いと思います。
小規模ワイナリーなので或る程度価格が上昇することは理解できますが、市場にはこの価格を出せばもっと美味しいと感じるワインを買うことはできるので、値付けに関しては厳しいかなというのが正直な感想でした。

  

Sponsor Link
Check the latest information !